メニュー

ART CORPORATION RECRUITING SITE

引越営業の特徴WORK FEATURE

引越営業7つのポイント

アートコーポレーションの
営業職の特徴7つをご紹介します。

  • POINT
    01
    場数が、人を育てる。
    人の成長は、場数で決まります。当社の営業スタッフなら、その場数には困りません。1日の訪問件数は6〜7件。忙しい時期で1日10数件。いずれも引越予定されているお客様のお住まいへ訪問するので、飛び込み営業は一件もなく、すべてアポイントがとれている商談です。
  • POINT
    02
    スキルの総合格闘技。
    訪問先では、まず、お客様に引越の内容を伺います。いつ、どんなお住まいに、どんなご家財を、どれだけお運びするのか、等。詳しくお聞きし、モレなくチェック。直接お話しいただかないことでも、ご要望をくみ取ることも大切です。それ以外にも、お住まいの道幅を確認し、手配できるトラックのサイズを決めたりと、ヒアリング力や観察力が試されます。そして、プランとお見積もりを作成し、お客様にプレゼン。さらに、その場でご成約いただけるようクロージング。一つの商談の中に、ビジネスに必須のスキルがぎゅっと詰まっているので、数をこなすほど多くのスキルが身についていきます。
  • POINT
    03
    商談は、一本勝負。
    商談は、一本勝負。ご成約いただけるかどうかは、ほぼその場で分かるので、商談後、すぐに自分のトークの内容や行動を振り返ることができます。うまくいっても、いかなくても、一喜一憂することなく、すぐにトライ&エラーができ、自分なりの営業スタイルを築き上げることができます。
  • POINT
    04
    一に人柄、二にスキル。
    営業スタッフとして、さまざまなスキルを磨くことは大切です。ただ、引越サービスという商材にはカタチがないため、まずはお客様から信頼を得ることが、ご成約への第一歩になります。「アートに決めた」ではなく、「あなたに決めた」と言われるようになったら一人前です。
  • POINT
    05
    家電や、雑貨も、ご提案。
    私たちの仕事の本質は、ご家財を運ぶことではなく、新生活を晴れやかにお迎えいただくことです。そのため、引越ついでにご家財を買い換えたいお客様のために、家電や生活雑貨などをご提案することも。さまざまなニーズに応えられるよう、暮らしに必要なものを一通り揃えているので、提案力を高めていくことができます。
  • POINT
    06
    議員宿舎から、お寺まで。
    お引越をされるのは、ご転勤、就職、新居のご購入など、さまざまなお客様。お一人暮らしの方やご家族以外にも、国会議員宿舎やお寺など、いろんなお客様がいらっしゃいます。年齢も、職業も、取り扱うご家財も、じつに色とりどり。ただ、すべてのお客様に共通しているのは、引越という人生の節目を迎えようとしていること。これだけ、いろんな人の特別なシーンに出会える仕事は、他にはないかもしれません。あなたの人生の節目にもなるような出会いが、一つや二つ、きっとあるはずです。
  • POINT
    07
    1年目から狙えるNo.1。
    独り立ちのタイミングは、入社後4ヶ月間の研修を終えてから。さっそく一人でお客様のお住まいへ訪問し、その場その場で、自分の裁量で、営業をしていただきます。すぐに個人として腕試しができるので、わずかな期間で先輩を追い抜くほど成長する人もいます。実力主義のため、一年目からトップ営業として表彰される人もいます。