メニュー

ART CORPORATION RECRUITING SITE

経営企画 CAREER #2
藤原 明日里
Akari Fujiwara
経営管理本部 経営企画部 経営企画課
2015年入社
CAREER MAP
  • 営業1年3ヶ月
  • 経営企画1年目
正しく、わかりやすく、
伝える仕事。

1年3ヶ月、営業を経験し、希望していた経営企画部に配属していただきました。経営企画の仕事は、経営陣が経営判断をするために必要なデータをまとめたり、経営の取り組みをサポートしたりすることです。その中で私は、各部署から送られてくるいろんな業績データをグラフにしたり、バラバラなデータを一つにまとめたり、見やすい形にして役員や管理職の皆さんに配信しています。また、会社や事業に関連した新聞記事の切り抜きなど、社内外の情報を役員にお渡ししたり、反対に、トップのメッセージを社内に広報したりしています。それぞれにお伝えする数字ひとつ、言葉ひとつに正確さとわかりやすさが求められます。

会社を知るのに
いちばん近道の部署。

経営企画部への異動は、入社してすぐに希望していました。理由は、新入社員研修で話をしてくださった経営企画部の課長さん(今の上司)の、仕事へのスタンスや人柄に心を打たれたからです。お話をしていただいた直後、「もっと聞かせてください」と声をかけました。その時、「会社を知るのにいちばんの近道は経営企画部だよ」と教えていただき、ますます興味が湧きました。もともと物事の仕組みに興味があって、企業やビジネスもそのメカニズムを知りたいと思うタイプなので、この部署なら会社全体の仕組みが見渡せると思ったんです。就職活動のときも物流業界やネット通販業界を中心に調べていましたが、見ていたポイントは、ロジスティクスの美しい仕組みだったり。整ったものを見るとすごく気持ちいいんです。

営業も、作業員も、
やってよかった。

支店にいた頃、営業も引越スタッフも経験しました。どちらもやってよかったと思います。今、売上などいろんな数字を見る毎日ですが、もし営業や作業の大変さを知らなかったら、一人ひとりががんばって数字をつくっていることや、汗をかいて作業をしていることを、具体的にイメージできなかったと思うんです。そうすると、たとえば本社から支店に取り組んでほしい施策を伝え、ちゃんとやってもらえなかったりした時、「現場が指示通りに動かないからうまくいかないんだ!」って敵対心を持ってしまっていたかもしれません。現場に対してそんなふうに思ってしまったら、何もうまくいかないと思いますし、そもそも会社の業績を伸ばしていこうなんて思えないと思うんです。だからこそ支店で過ごした1年3ヶ月は私にとって、とても大切な時間でした。

いつか、働く人のストレスを
和らげる仕組みを。

これからは基本的なマーケティングの知識を習得したいです。たとえば、業績を上げるための具体的なアイデアとか、自分の頭で考えられるようになりたいので。今は何十年も経験のある部室長や上司の話を聞いて勉強していますが、レベルの高さを感じるので、基礎から積み上げていくことが必要だと感じています。また、いつか仕組みで、支店の皆さんのストレスを和らげたいと思います。支店にいた時、皆さんの本音をよく耳にして、この仕事のしんどさを実感したので。たとえば、月末の棚卸。丸一日かかっていましたが、そもそも倉庫をシステムで整理していれば、もっと時間を短縮できたはずです。手作業でやると時間がかかる上に、正確さも欠けてしまいます。これはほんの例ですが、せっかく本社にいるので、いつか支店の皆さんの負担を仕組みで解決するような仕事ができたらと思っています。

本ページの情報は、2017年11月現在の情報です。