アート引越センター

No.10 水とくらしの
調査レポート vol.1-(2)

こどもから見た街の水の清らかさ
~水の”評価”

街の水について7割のこどもたちが「水はきれいではない」と感じているというアンケート結果を踏まえて、水の清らかさについて調査をしました。結果、子供たちは「汚れた水の中で生活している」という認識であることが見えてきます。

調査内容報告

子供たちは有害な水に
囲まれていると感じています

子供たちに身の回りの8つの水について「清らかで安心・安全」「多少きれいで安全」「特に問題はない」「やや汚れている」「非常に汚れている」「人に有害である」の6段階で清らかさの評価をしてもらいました。「清らかで安心・安全」な水のトップは市販の「ミネラルウォーター」の46%、次いで「近くの山の大きなわき水」20%の順でした。反対に「やや汚れている」「非常に汚れている」「人に有害である」と水が汚れていると感じているワースト1は「家に一番近い川の水」の66%でした。また、注目するべき結果として「家の水道水」に関して「清らかで安心・安全」と感じている子供が17%しかいないことで、「やや汚れている」「非常に汚れている」「人に有害である」を合わせた18%を下回っていました。

子供たちは有害な水に囲まれていると感じていますのグラフ

水のきよらかさ指標

上記質問の回答を数値化し、その平均得点値を「きよらかさ指標」として比較してみました。数値に関しては「清らかで安心・安全」を+2とし、以下「多少きれいで安全」+1、「特に問題はない」+-0、「やや汚れている」-1、「非常に汚れている」-2、「人に有害である」-3としました。結果、市販の「ミネラルウォーター」が1.18、「近くの山の大きなわき水」0.50でした。「家の水道水」に関しては0.38と子供たちは水道水でも決して安心できると思っていないことが分かります。

水のきよらかさ指標のグラフ

地域別で見たきよらかさ指標

上記の「きよらかさ指標(身の回りの8つの水の合計値)」を20都市の地域別で見てみるとプラス値は仙台の0.08だけという意外な結果が出ました。特に埼玉(-4.32)・大阪(-3.83)・東京(-3.40)・千葉(-3.28)の4都市では大きなマイナス値となり、子供たちは「街の水の汚れがかなりひどい」と感じています。

地域別で見たきよらかさ指標表

子供から見た水の色

「水色」から連想するのは明るく淡い青色、絵の具の「水色」も“透明な水”を表現したものです。では、今の子供たちに映っている水は何色なのでしょうか。40色のカラーチャートの中から「家や街に降る雨水」「家に一番近い川の水」「家の近くの大きな河の水」「家に一番近い海の水」「近くの大きな山のわき水」の5つの項目に関してイメージされる色を選んでもらいました。「家や街に降る雨水」に関しては1位が「白(透明)だったものの、「グレー」も見られます。「家に一番近い川の水」に至っては1位が「濃緑褐色」で濁っているというイメージが強いようです。「家の近くの大きな河の水」「家に一番近い海の水」の2項目に関しても基本的には「水色」「青色」が上位にきていますが、「グレー」や「黒濁がかった青色」も見られ、子供たちのリアルな心境が伝わってきます。

「僕の水の思い出」子供たちの水体験のグラフ

お見積りは無料

ページトップへ

単身のお引越し

ご家族のお引越し

0120-0123-33
受付時間:8時~20時