島根県ってこんなところ

神話が根付いていることで知られる島根県は、出雲地方・石見地方・隠岐地方という3つの地域に区分されており、離島の隠岐島、竹島なども島根県の領域に含まれます。
島根県を代表する観光スポットである出雲大社は、日本の国土を築いたとされる大国主大神(オオクニヌシノオオカミ)を祀っています。 あらゆる縁を結ぶ縁結びの地として知られていますが、その縁は男女の縁だけではなく、人と人、人とモノなど全ての縁を結ぶと言われています。 八百万の神々が出雲大社に集まる10月を神無月と言いますが、出雲では神在月と呼ばれています。 また、ヤマタノオロチ退治で有名なスサノオノミコトを祀る須佐神社、黄泉の国への入口と言われる黄泉比良坂など、神話のふるさとと言われているのも納得できます。

島根県01


因幡の素兎の神話で知られている隠岐の島は、後鳥羽上皇・後醍醐天皇をはじめ多くの貴人が流された流刑の地としても有名です。 かつては幕府の天領として栄華を極めた石見銀山、宍道湖のほとりにある城下町・松江、山陰の小京都と称される津和野に残る武家屋敷など、島根には見どころが多くあります。
奥出雲の豊かな自然は、そばの栽培に適しており、そば屋さんが並ぶそば街道も有名であり、他県からも多くの人が訪れています。 出雲そばは、歯ごたえのある黒っぽい麺をしっかりかんで食べるのが特徴です。 島根和牛も豊かな自然と深い愛情が生んだ味の芸術品です。

島根県02


島根県のアートの拠点

国内ネットワーク&支店情報ページに戻る


お見積り無料です

さらに、インターネットからのお見積りは特別割引あり!

単身お引越

お見積り お申込み

ご家族お引越

お見積り お申込み

ページトップヘ