宮城県ってこんなところ

東北地方の宮城県は、太平洋の海の恵みと東北新幹線で東京から1時間半の好アクセスを活かし様々な産業が発達しています。 1年を通じての気候は、夏はさほど暑くなく冬も東北地方の中では積雪が少ない方なので、すごしやすい地域です。 県庁所在地は、仙台市で仙台に商業地区や住宅が集中していますが、石巻市には大型商業施設、気仙沼市には市立病院があり、この両市も人が多く集まる地域です。
宮城県を代表する産業は、米作りの農業と漁業です。 宮城米のトップブランドは、昭和38年に誕生したササニシキと平成3年に開発されたひとめぼれです。 これらの宮城を代表する米は、東北地方で最大と言われる仙台平野で作られています。 漁場として有名な場所は、石巻港と気仙沼港です。

宮城県01


両港とも全国トップクラスの漁獲高をあげている港です。 かつお、いわし、まぐろ、さんまといった回遊魚が多く水揚げされています。
生活関連施設や商業施設が多く集まる仙台には、歌の歌詞にも登場したように、緑あふれる「杜の都」と言われています。 県民の半数近くがこの仙台市に居住していると言われています。 仙台の街は、東北新幹線、東北本線仙台駅を境に、東西に地域の特色が大きく分かれているのが特徴です。 駅ビル内にはセレクトショップが多く集まる、S-PALL、駅西側には、ファッションからグルメまで揃ったEDEN、150のショップが入った、トレンド発信基地とも言われているPARCOがあります。 休日には市外からの客がこれらのファッションビルに集まり、ショッピングやデートなどを楽しんでいます。

宮城県02


宮城県のアートの拠点

国内ネットワーク&支店情報ページに戻る


お見積り無料です

さらに、インターネットからのお見積りは特別割引あり!

単身お引越

お見積り お申込み

ご家族お引越

お見積り お申込み

ページトップヘ