茨城県ってこんなところ

関東地方の北東に位置する茨城県は、東側を太平洋に面した県で、県北部は工業化が進み、中央部は水戸市の県庁が置かれ、県の政治経済の中心となっており、茨城空港も開港しています。 県の東部である鹿嶋市・神栖市では鹿島臨海工業地帯が形成されており、工業化が進んでいます。 西部は関東平野の中央部にあたり、農業が盛んな地域で、県南部は東京都や千葉県と近いこともあり、ベッドタウンとしての開発が進められています。 尚、水郷筑波国定公園の一角で、筑波山があるつくば市も南部にあります。
水戸黄門所縁の地である水戸市が、茨城県の県庁所在地です。水戸納豆などの名物が販売されています。 そして北海道のイメージが強いメロンですが、実はメロンの生産量一位はここ茨城県なのです。 日本屈指の農業地帯であることから、メロン以外にも様々な果物・野菜が多く生産されています。

茨城県01


観光の名所では山や滝などの自然景勝の地や水戸城や鹿島神宮をはじめとする史跡などが多くありますが、中でも人気が高いのは水戸市の偕楽園でしょう。 水戸と言えば水戸黄門以外にも梅の名園が豊富なことで有名ですが、偕楽園は日本三大名園の一つに数えられるほどで、毎年2月下旬から3月下旬に開かれる「水戸の梅まつり」には県外からも多くの観光客で賑わいます。
スポーツの盛んな地域としても知られており、サッカーJリーグのチーム「鹿島アントラーズ」のホームタウンがあります。 また野球では欽ちゃんの球団である「茨城ゴールデンゴールズ」もあります。

茨城県02


茨城県のアートの拠点

国内ネットワーク&支店情報ページに戻る


お見積り無料です

さらに、インターネットからのお見積りは特別割引あり!

単身お引越

お見積り お申込み

ご家族お引越

お見積り お申込み

ページトップヘ