各種手続きに関するご質問

役所への各種手続き方法は?

引越し後の役所への各種手続き方法をおしえてください。

転入・転出などの役所手続き

お引越しをしたら、住民票の変更など、必要な手続きをする必要があります。面倒でも必ず変更手続きを行いましょう。引越しの翌日を、各種届出を行う日と決めておくと、スムーズでしょう。
住民登録(転出および転入)
もともと住んでいた市区町村の役所に行き転出証明書を交付してもらいます。その後、新住所の役所に転入届を提出します。転入届は、転居後14日以内に提出する必要があります。
同じ市区町村内での移転・引越しの場合には、転出手続きと転入手続きを同時に行うことができます。
印鑑登録
転出証明書の交付が済んだら、印鑑登録の廃止届を行います。その後、新住所の役所にて、印鑑登録を行います。
国民年金保険・年金手帳
新しい住所の役所で転入手続きをする際に、年金手帳を持参して住所変更手続きを行いましょう。手帳自体の変更はありません。
会社に勤めており、厚生年金に加入している方はこの手続きは不要です。
国民健康保険
元の住所の役所で、「転出証明書」を貰ったあと返納手続きを行います。その後、新住所で新たに交付手続きを行います。
運転免許証
警察の管轄は都道府県単位になります。新しい住所と同じ都道府県の警察署で、運転免許証の住所変更を行うことができます。現在お使いの免許証と、住民票を持参しましょう。
また引越しによって都道府県が変更となった場合には、写真も必要となります。運転免許書用の写真を、用意していきましょう。
愛犬の登録
元の住所の役所で廃犬届(住所変更)を提出し、新しい住所の役所で旧鑑札を渡し、再登録の手続きを行います。
※市区町村によって手続きが異なりますので、詳しくは役所の窓口にお問い合せください。

ご参考いただけましたか?

ご解決いただけなかった場合は、是非引越コンシェルジュサービスにご相談ください。
ご利用はもちろん無料です。


お見積り無料です

さらに、インターネットからのお見積りは特別割引あり!

単身お引越

お見積り お申込み

ご家族お引越

お見積り お申込み

ページトップヘ