上手に引越するための荷造りのコツ

新居の見取り図を作っておくと
便利です

お引越しをスムーズに運ぶためには、面倒でも新居の見取り図をつくっておくと効果的です。部屋ごとの番号を決め、それぞれの荷物に運ぶ部屋の番号を記入しておきます。引越し当日にご説明いただければ思いどおりに荷物が納まっているというわけです。


奥の部屋から荷造りするのが原則です

荷造りしたものの、気がついたら荷物で出入り口がふさがってしまったり、当たって転んだり、山積みされたダンボールはスムーズな引越しの邪魔になります。荷造りのコツは一番奥の部屋の普段使用しないものから徐々に。遅くても2,3日前から準備を始めましょう。

梱包のコツ

  • ビン類の梱包

    ビンは1本ずつ包みます。


    ビンは立ててすき間には緩衝材を詰めます。

  • 刃物類の梱包

    厚紙などを二つ折りにして刃の部分を巻きます。
    抜けないようにテープで止めます。


    本数が多い場合は向きを互い違いにするとかさばりません。

  • コップ類の梱包

    コップは一つずつ包みます。ふたがあるものは別々に包みます。


    すき間には緩衝材を詰めます。

  • お皿の梱包

    お皿は1枚1枚包み、四隅から順に内に折って包みます。最後にテープで止めます。


    すき間には緩衝材を詰めます。

  • 布団類の梱包

    布団を畳んで上から布団袋をかけます。


    布団袋をひっくり返して梱包します。
    ※ガラスなどのこわれものを入れないでください。

このような梱包は避けてください

  • 結び目がほどけて
    荷物がばらける恐れがあります。

  • 袋が破れて荷物が
    とび出る恐れがあります。

  • 上に物が置けないので
    作業効率の低下になります。

  • 重たいものを入れた場合、
    底が抜ける恐れがあります。

当社が梱包するもの

家具、大型の家電品、照明器具、ベッド等、その他ダンボールに入らない家財などは、
お引越し当日当社にて梱包いたしますので、そのままで結構です。

※ハンガーBOXのリースをご用命の方は、スーツ、コート、ワンピースなどハンガーにかかっている衣類については、お引越し当日当社にてハンガーBOXに入れますので、そのままで結構です。

上手に引越しするための荷造りアドバイス

  • ステレオ/ビデオの配線

    配線は事前に取り外してまとめておいてください。その際、記号などをつけて外しておけば、新居での配線が楽におこなえます。尚、有料ではありますが、新居でのアンテナの設置、テレビ、ビデオ配線、取り付け工事も当社で承りますので、担当支店までお問い合せください。

  • 冷蔵庫

    輸送中、冷蔵庫からの水もれで他の家財を濡らす恐れがあります。引越前日までに中を空にして電源を抜いておいてください。また、製氷皿の水をすてることも忘れずに。

  • ミニバイク・石油ストーブ

    燃料を完全に抜きとり、ストーブなどの点火用の電源もはずしてください。
    ※灯油・燃料・オイルなど火災の原因になるものはお運びできませんのでご了承ください。

  • 貴金属

    現金、有価証券、各種通帳、印鑑、重要書類、宝石、貴金属、カードはバッグなどにひとまとめにして、引越当日はご自身で持ち運び、管理してください。

  • 洗濯機

    排水ホースなど完全に水を抜いておいてください。
    お客さまご指定の場所への設置は当社がおこないますが、配線ホースの取り付けや、部品の追加など専門家による設置が必要となる場合があります。当社でも承りますので、担当支店にお問い合せください。

    ※ドラム式洗濯機については、搬出作業の際にご購入時に付属されていた固定ボルトをご用意ください。固定ボルトがない場合、輸送時に破損の原因となることがございますので、ご注意ください。

  • 照明器具の取り外し/取り付け

    コンセントタイプの照明器具でない場合、専門家による取り付け、取り外し工事が必要となる場合があります。当社でも有料にて工事を承ります。担当支店までお問い合せください。

  • パソコンデータのバックアップ

    大切なデータのバックアップを取っておきましょう。

  • 電気/ガス器具の調整

    電子レンジ、洗濯機、乾燥機、ガスコンロなど引越される場所によってサイクル交換、カロリー交換が必要です。新居に移られてこれらのものがすぐにご使用できるように当社にて有料工事を承ります。担当支店にご確認ください。

※当社にて電気工事を依頼される場合、料金はすべて該当工事の料金をお客さまにお伝えしていますが、取り付け方法、部品の追加などにより追加料金が発生する場合がありますのでご了承ください。

上手に引越しするためのダンボールのいろいろアイディア

ダンボールの基本的な組み立て方

  • 折り目に沿って広げます。

  • 下に向け、先に短いはねを折り曲げます。
    次に長いはねを折り曲げます。

  • 両面を合わせてガムテープでそこが抜けないように十字に止め、裏返して出来上がり。

  • Sサイズのダンボールに梱包


    Sサイズ

    書籍、雑誌等はミカン箱を目安に小さめのダンボールに梱包してください。(ダンボール・Sケース)

  • 中身はダンボールに記入

    ダンボールに中身を記入するときは、側面にも記入しておくと探す際に便利です。

  • 色テープを活用

    引越し前後の必需品はまとめて梱包し、すぐ使うものには黄色ガムテープ、食器等の割れ物の場合は赤ガムテープをご活用されると便利です。

  • 引き出し単位で表示

    家具の引き出しの中身などは抜き出してダンボールに詰めておいてください。その際に家具単位、引き出し単位で表示しておくと便利です。


お見積り無料です

さらに、インターネットからのお見積りは特別割引あり!

単身お引越

お見積り お申込み

ご家族お引越

お見積り お申込み

ページトップヘ