単身・家族のお引越 チェックリスト:印刷用
(契約~)

賃貸の場合は、解約手続きを

賃貸住宅にお住まいの場合は、貸主へ引越する旨を予告する必要があります(賃貸借契約の解約予告)。予告が遅れると余分な家賃出費がかかる場合があります。
入居時の契約書を読み返して、必要な手続きなどを早めにおこなうようにしましょう。


チェック

引越業者を決める

自分で運ぶ場合は、荷物の量にあったレンタカーなどの手配を。引越し会社に依頼する場合は、毎年3~4月、11~12月は混み合うので、この期間になる場合はできるだけ早めに手配します。
引越を知人や友人に手伝ってもらおうと思っている場合は、だいたいの予定だけでも早めに知らせておくと協力を得やすいでしょう。

※アート引越センターへお電話ください。スタッフがお伺いし、無料でお見積りいたします。
スケジュールの段取りや、お引越しについてのご相談にも丁寧にお答えします。
インターネットでもお見積りの申し込みができます。


チェック

荷造りに必要な資材を揃える

ダンボール箱などの荷造り資材を引越し会社の見積りに入れなかった場合は、自分で集める必要があります。スーパーマーケットなどで譲ってもらえる場合もあるので探してみましょう。大きさは、詰め込んでも重くならず、持ちやすい大きさのみかん箱程度が適当です。また、ガムテープや割れ物梱包用の新聞紙やクッション材も必要です。


チェック

荷造り・手続きの段取り

お引越しは段取りが重要です。いつまでに何をしなければならないのか、どんな手続きが必要かなどをしっかりチェックしてリストアップしたり、引越カレンダーとしてまとめることが大切です。家族で役割を分担してもよいでしょう。


チェック

使わないモノから整理を

荷物整理などの準備はお早めに。
すぐに使わないものから梱包・整理の準備を。


チェック

新居の下見はお早めに

新居に家財を運び込んでから、こんなはずじゃなかったと後悔しないように、新居の下見はお早めに。
図面などを用意して、新居の間取り、各部屋のサイズなどをしっかりチェックしましょう。
家具などのレイアウトを検討するうえでも大切です。

・間取り

 和室の場合は、同じ6畳間でも畳のサイズが違う場合があります。

・収納スペース

 各居室、キッチン、サニタリーなどの収納スペースの有無、広さなど。

・設備仕様

 コンセントなどの位置やガスの種類など。


チェック

新居に必要なものは

部屋が増えれば、新たに必要になるものもあります。どこに何をどのようにレイアウトするか、新しく購入する必要があるものは何かなどをあらかじめ考えておきましょう。

・エアコン・照明
・カーテン・ブラインド
・ガス器具
・家具
・延長コード


チェック

不用品リストを作成

お引越しは、家にあるさまざまな「モノ」を見直し、整理し直すチャンスです。また、引越しを機会に処分しておきたいものなども出てきます。持っていくもの、トランクルームなどに預けるもの、粗大ゴミとして処分を依頼するもの、知人などに譲渡するものなどの区分をしましょう。
お引越し間近に、あるいはお引越し後に慌てずに済むように、どんな手続きをいつごろまでにしておかなければならないのか、しっかりチェックしてください。


チェック

友人・知人への転居はがきをつくる

お引越し間近になると慌ただしくなってつい忘れてしまうので、転居を知らせるはがきなどは早めに作っておきましょう。


チェック