必見!引越の知恵袋編
節約について

不用品でしっかりお得

商品持ち込みのコツをつかんで気軽に利用しましょう

商品の持ち込み時に気を付けるポイント

1.衣類は洗濯、クリーニングをしておきましょう。

少しの手間で買い値が変わってきます。

2.高く売ろうと欲張りすぎないこと。

あくまでも「いらないものを買ってもらう」という基本を忘れずに。特にあなたの希望する価格で店に並べてもらう依託商品の場合は、値段を高くつけ過ぎると結局売れ残ってしまいます。

3.商品持ち込みのときには、身分証明書の提示を求められることがほとんどなので必ず持参しましょう。

また民間のショップ以外にも、区や市で運営している公共機関のリサイクルコーナーなどで、不用品の登録などを受け付けているところもあります。すっきり、快適生活を送るためにも、引越を機会にリサイクルショップを活用してみましょう。

専門ショップも総合ショップも、まずココをチェック!

リサイクルショップといっても各ショップが扱う商品はさまざま。何でも扱うショップもあれば、書籍やマンガ、CD、カメラ、家具、ブランド物ファッションなどを個別に扱う専門ショップもあります。どのショップを利用するにしても、安心できるショップかどうかを見分けたいもの。次の3ポイントをチェックしてみましょう。

1.必要不可欠な「古物商」の免許が店内に貼ってある?
2.預けた商品(依託商品)をショップ側が紛失・破損してしまった場合などの対処法がきちんと書面で書かれてる?
3.よいお店は口コミでも流行るもの。お店はちゃんとにぎわっている?


どんな商品なら高く買い取ってもらえる?

リサイクルショップは、文字通り「再利用してもらえるもの・売れるものを扱うショップ」です。売れないものでは話になりません。例えば衣服では、フリーマーケットならシミがついていたり着古されていたりしても安ければ売れますが、リサイクルショップでは商品価値がないものとみなされます。もちろん、今流行しているかどうかも重要で、スーツやパンツ、ワンピースなど流行の変化が激しいものは時期が過ぎると難しいかも。しかしセーターなどのニット類は、それほど変化が顕著ではないためよい値段で引き取ってもらえることもあるようです。家具は、シールが貼ってあったり落書きがひどかったり、傷がたくさんついていると引き取ってもらえないこともあります。電化製品は耐用年数が限られるため、製造年月日から5年以内のものしか引き取らないのが一般的です。自分で持ち運べないようなものや大型のものは、引き取りにきてくれるところもあるので、事前に確認してみるとよいでしょう。


適材適所で効率的に

例えば書籍でも、マンガならマンガ専門の古書店、専門書は専門の古書店というように、需要を考えて売りにいきましょう。マンガ専門のショップに難しい専門書を持っていっても買い取ってもらえないかもしれませんが、その本の分野に対応しているところなら意外といい値段がつくかもしれません。


家にいながらお得に処分

多くの人が欲しかったものなら意外な高値で売れることも。何かと慌ただしいお引越前の不用品の処分にインターネットのオークションを活用しましょう。


お引越費用を抑えるポイント

正確な見積りのために荷物の量は正確に

引越業者を利用する場合、荷物の量がはっきりしないまま見積りを依頼すると、トラックが大きすぎて無駄になったり、小さすぎて効率が悪くなったりで、後で思わぬ追加料金が発生することもあります。レンタカー利用の場合は、小さすぎると2往復しなければならないことも。正式な見積りは、必ず引越業者の営業担当者が自宅へ訪問し、確認しておこないます。大体の予算を調べるだけならともかく、最終見積りにも荷物を見にこない引越業者では不安です。荷物が少ない単身世帯は別にして、家族でお引越する場合は、必ず実際に荷物を見てもらいましょう。


お引越日は平日を狙って

引越業者に依頼する場合は、お引越日を平日に設定しましょう。空いている確率が高いので土、日や祝日よりも安くなる可能性が高くなります。


荷造り・荷解きは自分で

時間と体力に余裕があれば、荷造りや荷解きはすべて自分でしましょう。


引越資材は自分で集める

ダンボール箱やガムテープ、ひも類など、引越業者のサービスで無料にならないものは自分で用意しましょう。


不用品は事前に処分

荷物の量が多くなればトラックも大きなものが必要になり、作業人数も増え、それだけ費用もかさみます。新居で使わないものは市区町村の清掃局に連絡して早めに粗大ゴミとして出したり、リサイクル品として処分しましょう。


お引越当日は自分も少し手伝おう

お引越料金は、荷物の量・運搬する距離・かかる時間などで決まるもの。予定していた時間をオーバーすると追加料金がかかることもあるので、自分のできる範囲は荷物の搬入を手伝いましょう。ただし、引越業者のプロの皆さんの邪魔にならないように注意したいものです。


引越業者のオプショナルサービスを利用しよう

引越業者では、エアコンやアンテナ、電気製品の取り付け・取り外し、ピアノや電子オルガンの輸送、荷物の保管、お引越後の家具移動サービスなど、有料、無料を問わずさまざまなオプショナルサービスがあります。費用を抑えるのも大事ですが、「時は金なり」。時間を節約し、お引越にかかわる電気・ガス・水道などの手続きを代行してくれるなど、手間を省くために役立つサービスもたくさんあります。それぞれのサービスを別々の業者に依頼するよりも安くなる場合があるので、インターネットで調べたり、見積りのときにもいろいろと相談してみましょう。


引越移転手続きドットコム


お見積り無料です

さらに、インターネットからのお見積りは特別割引あり!

単身お引越

お見積り お申込み

ご家族お引越

お見積り お申込み

ページトップヘ